スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

いじめについて考えるひとつの実験
「特別授業 差別を知る〜カナダ ある小学校の試み〜」(NHK BS1)

児童たちに差別(簡単に言えばいじめ)について考えさせるために、アニー・ルブラン先生は実験授業をした。
「背の低い子に赤いランニングを着せて、徹底的に差別する」
(わたしは途中から観たので、ここからしか知らないのだけど、前半では前日に背の高い子を差別する授業をしていたらしい)
はじめに歴史上の人物や有名人であえて高身長の人物だけを取り上げ、「背が高い人は優秀だ」という刷り込みをする。
そしてクラスの背の低い子たちに赤いランニングを着せて授業開始。
赤ランニングの子を指して、間違えるとアニー先生がいちいち「背が低いからダメなのね」と言い、それを背の高い子に直させて、「やっぱり背が高いから頭がいいのね」と贔屓する。
だんだん背が低い子たちは自信がなくなり焦ってきて、いつもなら出来るものも間違えてしまいドツボに。
嫌味すぎるぐらい「背が低いから出来ないのね」などと先生が言うので、赤ランニングの子たちはだんだん涙ぐみはじめる。
一方、背の高い子たちは上機嫌で、なかには隣の席の赤ランニングの子を「やっぱりチビはダメなんだな」からかいはじめる子も。
背の高い子たちには休憩時間を与えるのに、低い子たちは席から立たせないという徹底ぶり。

この授業が終わって、子どもたちに思ったことを自由に書かせた。
赤ランニングの子たちは一様に泣き顔の絵を描いていて、私も泣きそうだった。
残りの子たちは「いい気分」「他の人はかわいそうだけど、わたしはハッピー」。

ホームルームで先生が「明日も実験授業やる?」と聞くと全員が「ノーン!」。
しかし、先生がわざと「誰を差別しようか」と言うと、みんな一斉に「先生を差別する!」と言い出した。
先生はあとのインタビューで、「差別は絶対にいけないことだと教えるための授業だったはずなのに、子どもたちは本能的に差別で復讐しようとした。本能に勝てなかったのがとても悔しい」と言っていた。
先生はこの実験授業のためにたくさんの勉強をし、教育委員会やPTAにも理解を求め、かなりの覚悟を持って挑んでいた。

この授業のあと、アニー先生のクラスから差別はなくなった。
あんな幼い子たちが(多分小学校3、4年生ぐらい?)、「人には必ずいいところも悪いところもあるんだから差別をしてはいけない」と言っているのを見ると、素直にすごいなと思ってしまう。
大人だってわかっていないのがほとんどなのに。

太っていていつも「お前デブなんだよ!」といじめられていた男の子が、毎朝笑顔で学校に来るようになり、とても穏やかな性格になった。
本人も「差別されなくなって、キレなくなったし、優しくなった」と言った。
はなまるカフェにガッキー祭
朝からガッキーはマジめでたい! 
ガッキーは新垣結衣であるよ。ニイガキさんじゃないよごめん。

好きなわりにはまだプロフィールを調べるなどといったストーカー行為にはまだ及んでいなかったのですが、沖縄出身なのですね。
やっぱり沖縄は奇跡だ! 南国出身なのに、何あの透明感!
(よく「沖縄に行ったって仲間由紀恵も安室奈美恵もいない」と聞きますが!)

ガッキーは少女マンガ的な理想の女の子だと思います。
見てるだけでときめきます。
下校中に河原で先輩を見かけてカバンを落としちゃうような!!
バスケ部の先輩を遠く金網の向こう側から見てるような!!
喋ってるガッキーを見ていて思わずジタバタしてしまいました。

ガッキーと友達になりてえ。
ガッキーなら私のようなブタでも仲良くしてくれそうです。きっと優しいんだよ!
ロンハー青木さやか入籍SP
ロンハーなんてめったに観ないんだが、こんな時だけはしっかり観てしまうなんて、私は心から青木さやかが大好きらしい。
面白いかどうかが問題なんじゃなくて、女として好きなのです。
本当にいい女だと思うもん。女としての立ち位置というか、生き方にすごく共感出来る。
ホストが選ぶ女芸人格付け「実はすげーいい女」で青木が1位だったけど、やっぱホストは見る目あるなと思った。

で、これはラジかるッで中山ヒデ氏が言ってたんだけど、青木はディベートで愛を感じる人間なのだそうで、これまさに私もそうなのです(中山ヒデ氏も言ってたがチョーうっとうしい、めんどくさい人間である)。
意見が合わなくてもまったく問題なし。喧嘩になればなるほど嬉しくて仕方がない。
相手の考え方が自分と違えば違うほど面白くてしょーがないし、ますます好きになってしまう。
でも普通は考え方が合う人を好むよね、やっぱ。
私は「喧嘩できるのは愛があるから」って思ってしまうんやけど、なかなかおんなじ考え方の人には巡り会わないよなー。
だから青木が出会った年下の男の子は、本当に本当に運命の彼なのだと思うのです。
青木自身もそれをすごく実感してると思う。

青木は長年ヒモ飼ってたぐらいの情が深い女だから、長続きするんじゃないかなあって思う。つーか続いて欲しいなあ。
くりいむナントカに庄司&幹てつや
庄司とミキティって今もつきあってんねんなー。
言うまでもないが、今度のミキティは藤本。

なんで伏せ字にしなきゃいけないのかよくわからないけど、ああいうふうに堂々と言ってくれるのって、ミキティはすごく嬉しいんじゃないかなあ。
ハピサマ流れる時点で、その曲かよ! って思ったけど、最後は「僕が好きなのは○○○○です!」って言い切ってたもんなー。
つーか、ミキティはハピサマのときはいなかったはずなんだがな。
なぜあえてハピサマ。……結婚??

前に頂マッスルでも、素人のおばあちゃんに「彼女はいるのかい?」と聞かれて、はじめはためらってたけど、照れながら「彼女はアイドルなんです」って言ってて、私は庄司をそれまでただの筋肉バカだと思っていたけれどすごく見直した。
いつみても波瀾万丈 追悼黒川紀章
いつもならサンジャポを観ているわけですが、やっていなかったので4chつけたらなんと黒川紀章スペシャルでした。
私も例に漏れず、「選挙戦の変なおじさん」というイメージしか持っていなかったわけですが、いやいやまったくちゃんとした人じゃないですか。
ていうか、カッコよすぎる。
大学院時代に建築理論の執筆活動で時の人になったころの写真とか、まじカッコよすぎる、これは抱かれたい。

で、やっぱ女子として外せないのが、妻・若尾文子との夫婦愛。
ふたりの初対面はとあるTV番組で、黒川氏たっての願いで実現した若尾文子との対談。
そのときまさにあの「君の美しさはバロックだ」発言があったわけです。
つーか、その言葉だけ聞くと、どんだけキザなんだよって思うけど、実際のその状況はもっと穏やかでちょっと照れながら初々しく口説いていたのでした。
一字一句覚えてるわけではないのですが、ちょっと書き起こす。
私には若尾文子論というのがありまして。
私は建築の中でもバロック建築が一番好きなんです。
バロック建築というのは、否定する要素と肯定する要素がある。
矛盾しているんです。
その矛盾こそがもっとも女性的だと思うんですね。
私はそういったことを本に書いているんですが、
このようなことを考えている時にフッと若尾文子を思い出したわけです。


まあつまり「君の美しさはバロックだ」なんて唐突にトンチンカンなことを言い出す人ではなかった。
でもこの丁寧な口説き方は文化系女子なら嫌いじゃないでしょ。
キュン死にとはこのことだ。

それから七年の交際を経て(黒川紀章は前妻と別れてけじめをつける)、結婚する際の若尾文子の言葉がまた金言だよね。
あの人は忙しい人ですから、
私が支えていかなければいけないと自惚れているわけです

そして20年あまり経った現在、「生まれ変わってもまた結婚したいですか?」と問われ、若尾文子は「どうなんでしょう。あちらがどう思ってるかわからないから……」
どこまでも恋の奴隷ですよ、この人。
どうよこの夫婦愛。
というか、この人たちは最後の最後まで恋愛をしていたんだと思う。
続きを読む >>
Page: 1/1   

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

ルドイア☆星惑三第
ルドイア☆星惑三第 (JUGEMレビュー »)
ルドイア☆星惑三第,土星ろろ,天王星らら,太陽系オールスターズ,水星らら,金星りり,火星るる,小惑星,木星れれ,日テレサービス鈴木

Recommend

Recommend

ルドイア☆星惑三第「いかすぜ!ユニバース」
ルドイア☆星惑三第「いかすぜ!ユニバース」 (JUGEMレビュー »)
長谷川智樹,NMW,アースココと寺西諜報員に太陽系オールスターズ,アースココと寺西諜報員に小惑星,寺西諜報員

あわせて読みたい

あわせて読みたい

Search

Profile

Feed

Others

Sponsored Links

Mobile